プロフィール

ジル

子供の頃習っていたピアノを、2015年の夏に再開しました。
のんびりマイペースにやっていましたが、最近は、ピアノに対する思いがやや上向き中。

ピアノの他には、茶道も細々と…。

夫と2人暮らしのアラフィフです。




最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
2019年06月18日06:00左手だけで弾けない
N先生の発表会のために、練習を再開したリストの愛の夢第3番。
今回はできれば暗譜にチャレンジしたいと思っています。
この曲は、去年一年ぐらい弾いていて、今年に入っても忘れない程度には時々弾いていたので、大体手が覚えているというか、通して弾けば、流れで(楽譜を見なくても)弾けてしまうのですが、経験上、こういう暗譜の仕方は危険です(子供の頃からこういう暗譜しかしてこなかった…)

N先生によると、左手だけの暗譜をすると、かなり安定してくるとのこと。
そうか、それなら…とまずは左手だけ、ゆっくり丁寧に弾いてみたのですが…。

びっくりするほど弾けません…。

暗譜で弾けないのはもちろんなのですが、譜面を見ながらでも弾けない。
この音は右手でとるんだっけ?それとも左…?と混乱してしまったり、間違った音を鳴らしたり、音が分からなくなってしまって、右手を足してやっと分かったり。

いや、なかなか……。
両手なら弾けるのに、片手だと(スムーズに)弾けない。

よく考えてみたら、私は片手で弾く、ということを今まで全然していません。
譜読み段階でも、最初から両手。
もちろん、ゆっくり、間違えながらではありますが、いきなり両手でざっくり弾けない曲には手が出せません(以前、先生に勧められてプーランクのエレジーというデュオの曲をやろうとしたのですが、譜読みができずに早々に挫折しました…)

左手が聴けない、という時に、左手の音だけ聴く練習はたまに取り入れるようにしていたのですが、その時に思った左手だけの片手練習のことはすっかり忘れていました。

何となく分かってはいましたが、音をいい加減に、曖昧に覚えて弾いていたのだなあ、と実感。
左手だけ暗譜…しきれなかったとしても、左手だけさらうことは、私にはとてもいい練習になりそうです。

ゆっくり練習、部分練習、そして片手練習。

丁寧に丁寧に取り組んでいければ、演奏の質もあがっていくのでしょうけれども、通しで気持ちよく弾くばかりなので、いつも私の演奏はどこかざっくりしているのでしょうね(分かってはいるのです)
でも、以前に比べて、こうした練習にも少しずつ取り組めるようにはなってきているので、少しずつは進歩しているかな…と思いたい^^;

この記事へのコメント

1. Posted by マリママ   2019年06月18日 09:06
こんにちは。5月くらいからのブログ読みました。ブラームスのワルツの演奏、良かったですよ。メロディーの頭の音をどのように響かせるかで伝わり方が変わってくると思います。私もできていないけど。上から目線のいい方だったらごめんなさい。
ジルさんは、地道に練習されていてすごいなと思います。私は、必要に迫られないと練習せず、モチベーションが続きません。ピアノ友達がいたり、発表の場があるのがうらやましな。
ピアノをひくことで、遣り甲斐がもてたら、最高ですよね。取り留めもないコメントでごめんなさい。
2. Posted by ジル   2019年06月18日 22:55
マリママさん、こんにちは。お久しぶりですね。
コメント、とても嬉しいです^^

さかのぼってブログ、読んで下さったのですね。
ブラームスのワルツ、聴いてくださり、ありがとうございます。
正直まだまだな演奏ですが、良い所もあったでしょうか。嬉しいです。
メロディーの頭の音をそもそも響かせるのが難しくて(小指が弱くて)苦労しましたが、どのように響かせるか…をもっと意識できると、大分印象が変わってきそうですね(今はちょっと変な癖が…)。
上から目線だなんて、とんでもない!ありがたいです。たぶん、しばらく寝かした後、また弾くと思いますので、その時には、マリママさんのアドバイスを思い出したいと思います。本当にありがとうございます^^

いや、地道に練習しなくちゃ…と書いているだけで、実際はできていないのです…^^;
モチベーションもなかなか続かないので、いろいろ試行錯誤です。
確かに発表の場があったり、ピアノ友達がいることは、モチベーションにつながりますよね。ありがたいことだな…と思います。
マリママさんにも、良い機会があるといいですね。
私の場合、友人でピアノを弾く人がたまたま少しいたのですが、ピアノサークルに参加してみるとか(もしお近くにあれば)、ピティナのステップに出てみるとか…?

ピアノを弾くことで遣り甲斐をもてたら、本当に最高ですね。
マリママさんは、合唱の伴奏をなさったり頼まれてピアノの独奏を披露なさったり、素晴らしいと思います。
いろいろありますが、ピアノのある生活を楽しみたいですね。

私のブログの方こそ、とりとめもないです。
また、良かったら、コメントしてくださいね^^

コメントする

名前
 
  絵文字