プロフィール

ジル

子供の頃習っていたピアノを、2015年の夏に再開しました。
のんびりマイペースにやっていましたが、最近は、ピアノに対する思いがやや上向き中。

ピアノの他には、茶道も細々と…。

夫と2人暮らしのアラフィフです。




最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
2019年06月20日19:44ブログを引越します
ブログを引っ越すことにしましたので、お知らせいたします。


新しいブログ ピアノな日々


書く内容が変わる訳ではないので、ブログタイトルはそのままです。
ありがたくも、このブログを読んでくださっている方にはお手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。


2019年06月18日06:00左手だけで弾けない
N先生の発表会のために、練習を再開したリストの愛の夢第3番。
今回はできれば暗譜にチャレンジしたいと思っています。
この曲は、去年一年ぐらい弾いていて、今年に入っても忘れない程度には時々弾いていたので、大体手が覚えているというか、通して弾けば、流れで(楽譜を見なくても)弾けてしまうのですが、経験上、こういう暗譜の仕方は危険です(子供の頃からこういう暗譜しかしてこなかった…)

N先生によると、左手だけの暗譜をすると、かなり安定してくるとのこと。
そうか、それなら…とまずは左手だけ、ゆっくり丁寧に弾いてみたのですが…。

びっくりするほど弾けません…。

暗譜で弾けないのはもちろんなのですが、譜面を見ながらでも弾けない。
この音は右手でとるんだっけ?それとも左…?と混乱してしまったり、間違った音を鳴らしたり、音が分からなくなってしまって、右手を足してやっと分かったり。

いや、なかなか……。
両手なら弾けるのに、片手だと(スムーズに)弾けない。

よく考えてみたら、私は片手で弾く、ということを今まで全然していません。
譜読み段階でも、最初から両手。
もちろん、ゆっくり、間違えながらではありますが、いきなり両手でざっくり弾けない曲には手が出せません(以前、先生に勧められてプーランクのエレジーというデュオの曲をやろうとしたのですが、譜読みができずに早々に挫折しました…)

左手が聴けない、という時に、左手の音だけ聴く練習はたまに取り入れるようにしていたのですが、その時に思った左手だけの片手練習のことはすっかり忘れていました。

何となく分かってはいましたが、音をいい加減に、曖昧に覚えて弾いていたのだなあ、と実感。
左手だけ暗譜…しきれなかったとしても、左手だけさらうことは、私にはとてもいい練習になりそうです。

ゆっくり練習、部分練習、そして片手練習。

丁寧に丁寧に取り組んでいければ、演奏の質もあがっていくのでしょうけれども、通しで気持ちよく弾くばかりなので、いつも私の演奏はどこかざっくりしているのでしょうね(分かってはいるのです)
でも、以前に比べて、こうした練習にも少しずつ取り組めるようにはなってきているので、少しずつは進歩しているかな…と思いたい^^;

2019年06月16日08:36中途半端なピアノだけど
職場が長期休暇に入りました。といっても、職場に行かないだけで、家でやる仕事はたくさんあるわけですが^^;

休みに入ったら、いろいろできるな〜、ピアノもたくさん弾いて、たまっていた家のこともやって、銀行等の手続関係を済ませて…なんて思っていましたが、最初の一週間は使い物にならず。
ピアノも弾いてみるのですが、何だか集中できず、少し弾いてはやめ…という感じ。
疲れが蓄積していたのか、この一週間、昼も夜も本当にたくさん寝ました。

そして、やっと頭がすっきり。体が動きます。
久しぶりに少し集中してピアノを弾きました。家のことは?
ピアノを弾きながら楽しい〜と感じたのも久しぶり。
珍しく部分練習や片手練習、ゆっくり練習に丁寧に取り組んだり。いつもこんな気持ちでピアノに向かえたらな〜。

私のピアノはいろいろ中途半端。

初級者ではないけれども、上級者の方々のように自在にピアノを操れる訳でもなく。初中級の曲でも大変苦戦します…。

ピアノに対する思いも、いろんな方のブログを読ませていただくと、私にはそこまでの真摯な熱い思いはないかな…と少し引け目に感じることもあるし、ピアノに対する向き合い方が甘いなあと感じてしまうことも。
かといって、趣味だから楽しくストレスなく弾ける時に弾けばいい、と思い切ることもできず。私の友人達は、どちらかと言えばこちらに近く、それはそれで日常にピアノがすんなり溶け込んでいて、自然体でいいなあ、と思うんですよね。
でも、それよりは、もう少し思いが強いというか、もう少しピアノに対する欲があるというか…。

その結果、ピアノへの取り組み方もなんだか中途半端に^^;
とりあえず音が並べば満足…ではないけれども、じゃ、弾けない所を細部までつめて、ミスなく弾ける所まで完成度をあげる根気はないし、音楽的に弾きたくてそのように弾いているつもりだけれども、そのために曲をしっかり研究、分析したり、いろいろ試したり、とかは怠りがち…。

そんな中途半端な自分にがっかりしがちなのですが(もっとしっかり取り組め、と思ったり、もっと自然体でのんびりやれば、と思ったり)、よく考えればがっかりする必要もないのですよね。
ついつい他の人と比べて、いろいろ迷ってしまうのですが、私らしくピアノライフを楽しみたいです。

と、何を書いているか分からなくなってしまいましたが^^;、つまりは、あがったりさがったり忙しい私のピアノへのモチベーション。
今また浮上したようなので、しばらくは楽しみつつがんばりたいと思います^^

仕事や家のことも忘れずにね^^;